18 諸課題   


【1】学校・教育・子どもサポート10 学校・教育・子どもサポートに移動しました。

【2】政治倫理調査請求(リンク)

【3】幼保一体化⇒【4】保育所・幼稚園・子育て支援へ移動

【4】保育所・幼稚園・子育て支援

【5防災  防犯

【6】学校給食

【7】磁波問題

【8】地域主権・関西広域連合参加問題

【9】図書館   学校図書館

【10】私市ごみ処理場問題(東部大阪都市計画ごみ焼却場四條畷市交野市ごみ処理施設整備事業)

【11】学研高山第1工区

【12】高齢化社会   バリアフリー

【13】空き家・空き地問題  定住促進

【14】まちの美化

【15】税問題 : 法人税・所得税の税率を1988年レベルに戻せば消費税を引き上げる必要はない.pdf

【16】附属機関問題

【17】注目事業 : 山麓公園活性化推進計画(障がい者就労支援施設整備事業)   いこま国際音楽祭   学校施設老朽化対策先導事業   北部スポーツタウン事業   高山スーパースクールゾーン構想(学校給食センター更新含む)   南こども園創設   スーパーエコスクール実証事業   スマートコミュニティ   消防署北分署移転新築工事   生駒ふるさとミュージアム

【18】西松ヶ丘の無許可盛り土問題  葬儀場の設置問題  東生駒会社寮跡地(東コミュニティ施設整備事業用地)問題

【19】交通・道路問題

【20】ごみ問題

【21】企業誘致  産学官連携

【22】自治体行政にも影響与える国政問題法令データ提供システム)  <Think globally>資本主義の変革  異文化理解 

【23】県民として課題

【24】知事選及び県議選<15(H27).4.12 投開票>  市長選挙及び市議補欠選挙<14(H26).1. 26 投開票>

【25】地域のよき(良き/好き/善き/佳き)こと

おちやせん市.pdf  「高山竹あかり」20年  地域の魅力発信・シティープロモーション  生駒の神話「邪馬台国=富雄川流域」説掲載あり)  生駒検定<全国版>  生駒伝承「神功皇后と鶏」  広報いこま<11(H23)年10月15日号>特集 : 市制40周年特別企画 生駒検定  長福寺の迦陵頻伽  長弓寺の三重塔は東京の高輪プリンスホテルに移築されている  生駒山上遊園地  人物録  生駒氏

【26】自治会  地域猫

【27】市施設使用規制問題  ヘイトスピーチ

【28】リニア駅誘致問題09 学研高山第2工区(奈良高山里山)より>

【29】オープンデータ 電子行政オープンデータ戦略 : 概要推進  5つ星オープンデータ

【30】生駒市 人口増減

【31】行政組織  生駒市 市政顧問問題  市の以前のHP

【32】監査・法令遵守  公平委員会・・・措置要求の判定取消判決を勝ち取る

【33】フードバンク

【34】ひきこもり

【35】生駒駅前再開発

【36】森林環境税と森林環境譲与税

(1)森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律<19(H31)年3月29日に公布  同年4月1日に施行>   森林環境税と森林環境譲与税の創設

(2)森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律案に対する附帯決議・・・9条「私有人工林の荒廃が進み、保水力低下、土砂災害の発生、野生鳥獣の生息地の破壊、花粉症り患者の急 増など深刻な問題が生じていることが我が国の森林における重要な課題であることを認識し、森林環境譲 与税を活用して、豊かな森再生のために、地域の自然条件等に応じて放置人工林の広葉樹林化を進めること。」

   森林環境税で放置人工林の天然林化を! (19.10.5)  森林環境税 27562筆の全国署名と要望書を総務大臣宛に提出!! (19.3.22)  陳情書(19.2.6)

(3)奈良県の市町村別森林面積

(4)森林環境税って?森守る理念いずこ   白書のための「森林環境譲与税の使い方」事例を収集? (20.4.10)<森林・林業白書  森林環境譲与税は都会でいかに使われるか(19.4.23)   田中淳夫 森から見たニッポンより⇒⑤森林環境税を巡る借入金1300億円が棒引きになる不思議(20.1.21)   ④林業振興の金が都市にばらまかれる不可解(19.4.25) 増税!森林環境税と森林バンクの怪しい内実(17.11.18) ② 三重課税? 環境を旗印に狙う大増税(15.11.30) ① 知ってる? 森林環境税の使い道(15.5.25) 

(5)今や全国にある花粉症であるが、これも80パーセントが広葉樹林帯であった日本を補助金で針葉樹林に変えさせた政策ゆえであるらしい。~今週の本棚(15.4.19 毎日新聞)より~

【37】生駒市バイオマス発電所計画<リンク>

 〇生駒市にバイオマス発電所建設計画! (20.3.12)

 〇参考・・・続・生駒山にバイオマス発電所! (15.10.8) 生駒山にバイオマス発電所!(15.10.7) 

【38】無断キャンセル.pdf

【39】自衛官募集 県全市町村が住民情報提供に協力.jpg

【40】市職員労働組合(市職員組合/水道職員労働組合/現業評議会)・・・ワーク・ライフ・コミュニティ・バランス推進 労使宣言  地域活動の参加推進 - 働き方で協定書生駒市と市職労  / 顔と顔の見える国際協力はチャンス!2018・2019年度 西和地域協議会 新規役員体制  職員賃金

【41】水道の民営化>コロナ危機は公衆衛生の重要性、ひいては安全な水への万人のアクセス権の重要性を再認識させましたが、18年に成立した水道事業の民営化を促す改正水道法をてこに政府与党が進めんとしている水道の民営化は、水道の営利企業による利潤追求の食い物化です。安全な水への万人のアクセス権を確保するため水道の民営化をやめさせねばなりません。欧州の水道の公営化についての教訓に学びましょう(ご参照.jpg)。

【42】自殺予防

(1)自殺予防.jpg

(2)・・・・・人間は誰でも学校や会社には行きたくない。常に逃げ出したい、死にたいとおもっている。そうした思いを抑圧して、何とか生きている。それがうまく処理できない時、悲劇が起きる・・・・・本音を言葉で吐き出せる場所や、そのための人との関係を作り出せれば、もう少し楽に生きられるはず。かつては、裏町とか裏通りといった存在が、本音を受け止める場所として機能していたが、社会の様々な場面で裏が整理され、すべてが表になってしまった。“うら”とは本来、古語で「心」を意味します。裏の喪失が、現代人を苦しめているのです・・・・・言葉は生きる支えになる・・・・・・。<現代人を苦しめる「裏の喪失」ミラーより>

(3)・・・・・島根県と鳥取県では今年、原則としてすべての公文書で「自殺」を「自死」に改めた。だが、このようにすべてを「自死」とするのは反対だ・・・・・特に心配なのは、受け入れやすい表現にすることで死に対するハードルが下がることだ・・・・・そこで私たちは・・・・・次のようなガイドラインをまとめた。①行為を表現するときは「自殺」を使う(自殺防止、自殺のサイン、自殺未遂など)②「自殺した」ではなく「自殺で亡くなった」と表現する ③遺族や遺児に関する表現は「自死」を使う。自殺は多くが追い込まれた末の死だ。「瞬間(点)」で起きるのではなくリストラや失業、うつ病などさまざまな要因が重なり「プロセス」で起きているとの理解が不可欠だ。➁は細かい違いだが、後者のように表記することで瞬間の行為であるという誤解を少しでも払拭できればと考えている・・・・・。<全国自死遺族総合支援センター事務局長・南部節子さん「『自殺』『自死』用語統一は慎重に」(毎日新聞 13.12.12)より>

43】その他(降順) (13)平成28年の幼児死亡事件  (12)ネーミングライツ  11)生駒市内の文化財  (10)市職員   (9)市は非常通報装置で訓練.pdf  (8)市役所内食堂  (7)諸事  (6)会計検査院より適切とは認められないと指摘された交付金  (5)イケチョウガイで堀の水を浄化.jpg  (4)副市長の公募・選任  (3)平成23年1月にあすか野幼稚園で起こった事故  (2)UR減免措置取り消し請求訴訟  (1)緑ヶ丘中頭髪指導損害賠償事件 :大阪地裁判決.pdf大阪高裁判決.pdf ・ 最高裁判決(報道記事.jpg報道資料.pdf

【42】他山の石(他自治体の問題から学ぶ)